Get the Flash Player to see the slideshow.

Home > ニュース > 第一回常任理事会

第一回常任理事会

大増税反対

総会後初の常任理事会 具体的提案も出される

七月五日第一回の常任理事会が三人の女性を含めてにぎやかに行われました。
会議のテーマは

  1. 今後の事務局体制をどう作るか?
  2. 会員・商工新聞等を減らさず増やすためにどうしたらいいか?
  3. 六月の活動の総括と当面の行動具体化。

でした。
女性役員の一人からは早速、事務所の入り口付近をきれいにしてもっと活用すべきではないかということで置きっぱなしのボロ自転車の廃棄、入口に商店と同じように民商の宣伝物を入れたチラシ入れの設置、入り口で何でも相談会を机を並べて企画することはどうか等の提案がありました。
当日は殆どの役員が発言し、新鮮な役員会となりました。
事務局長後任については、現在の民商OBを中心にあたっていること、場合によって広く募集することも検討していることを会長から明らかにしました。

  1. 子ども手当減額。
    (子ども二人の家庭で7万2千円負担増)
  2. 扶養控除の廃止、
  3. 復興増税(25年間)
    所得税に対しての2.1%
  4. 年金保険料平成29年まで、上り続ける
  5. 健康保険料、介護保険料も上がる。

 

Home > ニュース > 第一回常任理事会

ページの先頭に戻る