Get the Flash Player to see the slideshow.

Home > ニュース > 東婦協総会

東婦協総会

世田谷婦人部から4名参加

婦人

七月二十九日の日曜日、東商連婦人部協議会の39回定期総会が、市谷のエデュカス東京で開かれました。世田谷民商からは、代議員として、小林、堀部、評議員として、田口、茅根の4人が出席してきました。この一年間の民商婦人部の運動を振り返りいろいろ報告がありました。
今の厳しい不況の中で、廃業せざるを得ない業者があって、婦人部員の減少もある中で、各婦人部が精いっぱいの運動をして婦人部員の拡大に努力していました。またさまざまの工夫をこらした仲間づくりをしたり、消費税増税反対の活動に力を入れたり、平和を守る運動や都政への働きかけ、学習など幅広く活動をした報告が確認され、新年度に向けてのたくさんの方針も決まりました。「女性の地位向上の運動について」では世田谷3民商の56条区議会請願行動を玉川民商の豊島さんから報告することが出来ました。今年の講演は「鈴廣かまぼこ」の副社長の話。経営者の合言葉は「儲かりまっか」です。業者は自分に出来ることをその地域のためにする。そこでもうけるのは当然だが、儲かったお金をどう使うかである。お金でお金を増やすというやり方はおかしい。いろいろな勉強になるお話がたくさんありましたが、このくだりは感激でした。

Home > ニュース > 東婦協総会

ページの先頭に戻る