Get the Flash Player to see the slideshow.

Home > ニュース > 商売に失敗しないコツとは?

商売に失敗しないコツとは?

料理飲食部会

世田谷民商 料理飲食部会

21日、料飲部会が荻野さんのお店(カフェトレジャー)で開かれ、「商売に失敗しないコツ」というテーマで商売を語り合い10人が参加。おいしいコーヒーとケーキを食べながらなごやかに行われ、荻野さんはご家族で参加してくれました。

小林さん(ラーメン松楽)は、

「ただ物を売って利益を上げる、ではなく使っていただくという発想にならないと持続してお客さんは来てくれない。大手の安さ早さに対抗するのは至難の業。お客さんとの個人的な会話、顔はもちろんだが名前も覚えるなどという所が大事。特に女性は。

そうすると、

『なんかオススメない?』

と声をかけられるようになる。常連客用の裏メニューもあります。何時頃常連客が来るかは分かっているからそれに合わせて無駄にならないよう材料を仕入れている。来なければ他のメニューの材料にします。計算が成り立つから常連客の取り込みは必要。

商売ではあるけど、お客さんは自分の仲間だと思って接しています。常連の奥さんとの焼肉やカラオケにお付き合いする事もあります。そういう人は店によく来てくれる。やっぱり近所、地元客をどれだけ手に入れるか。遠い客はいずれ離れる。

個人単価を上げる事も大事。夜に出す2~3百円の酒のつまみでもそれなりに注文受けたらいっぱしの勘定になる。何屋さんだからこれ出しちゃ駄目というのはないよね。忙しくはなるけど。個人経営は自分でやらざるを得ないから不規則になりがち。体に気をつけなきゃならない。

目先で一喜一憂せず、商売は一年のトータルだととらえればいいと思います」

小林さんの話を聞いて「新しいお客の取り込み方は?」との質問や、参加者それぞれの商売の工夫などが出され、次回の料飲部会でも商売を語る会を行なおうとなりました。

次回は1月23日(水)安井さんのお店(パッポン食堂)で開く予定です。

Home > ニュース > 商売に失敗しないコツとは?

ページの先頭に戻る