Get the Flash Player to see the slideshow.

Home > ニュース > 年越しは一人で悩まず民商へ

年越しは一人で悩まず民商へ

融資年内実行の申込み期限迫る

 融資の年内実行の期限は目前です。初めての申込みの場合は、もう間に合わない可能性もあります。しかし、仮に年明けの融資実行だとしても、融資の目途が立てば、支払いを伸ばすなどの対策が取れることがありますので、あきらめずに、ご相談ください。

知恵は必ずある

 この秋も、融資相談としてスタートし、債務整理や条件変更で、資金繰りの改善を図った例はたくさんありました。先日、相談のあった方は、以前に信用保証協会の「代位弁済」を受けたことがあり、現状では、いくつかのハードルをクリアーしないと融資を申し込んでも実現しない状況です。

 資金繰りに追われている方の多くは視野が狭まり、目の前の資金(返済や支払い)の事だけが、頭の中を巡ってしまい、「融資を受けられないか」と考えます。しかし、経営の実情に沿った知恵をいっしょに考えることも必要です。

 結局、当面は住宅ローンの条件変更で、返済額を減らして資金繰りができるようにすることにしました。そして、将来は融資が受けられる条件を徐々に整えていくこと。そのためにもパソコン会計など、日常の記帳処理を正確に行うことを相談しました。

Home > ニュース > 年越しは一人で悩まず民商へ

ページの先頭に戻る