Get the Flash Player to see the slideshow.

Home > ニュース > 世田谷民商の会員が増えています

世田谷民商の会員が増えています

申告相談とともに融資相談、経営相談も

世田谷民商は、1-3月期を「春の運動」として、会員・中小業者の様々な相談に応えながら、会員・商工新聞の拡大運動に取り組んでいます。
2月25日現在、9人の会員を迎え、商工新聞読者13人を増やしました。
さらに連日、相談者が訪れ、昨年3月末の会員数を上回り、「3年連続増勢」は確実になりました。
不況の影響で、区内の商店会や同業者団体など中小業者団体の多くが構成員を減らしている中、世田谷民商が会員を増やし続けていることは、私たちの相談や活動が道理にかなっているものと確信になります。

私たちは、「元気な民商で商売を守ろう」
「会員・中小業者の商売を守るのが民商運動の原点」の立場で、旺盛な相談活動を進めています。

何でも相談できるのが民商

確定申告の時期ですから申告相談もありますが、融資相談、債務整理、相続税の相談、経営の立て直し、創業など、入会者の相談は多岐にわたっています。
共通しているのは、「民商だとすべてのことが相談できるので助かる」「税金にしても融資にしても、民商には生きた情報があり、相談すると希望が湧く」ということでしょうか。

商売のことは一人で悩まず民商へご相談ください。

Home > ニュース > 世田谷民商の会員が増えています

ページの先頭に戻る