Get the Flash Player to see the slideshow.

Home > ニュース > 世田谷区政の今後に注目

世田谷区政の今後に注目

世田谷区議会第3回定例会

保坂区長が「議会招集あいさつ」「区政運営方針」

ゼロ金利融資延長など積極面

 9月20日、世田谷区議会の第3回定例会が始まりました。 4月に誕生した保坂区政の方向性が注目されています。

補正予算で「ゼロ金利融資」延長が提案されるなど、民商も要請した区民・中小業者の要望が取り上げられています。熊本区政が削減した防災対策の予算が増額されました。

 私たち民商の代表も含め、各種団体と時間をさいて面談し、「車座集会」で区民の声を直接聞く姿勢は、これまでの区政では考えられない変化です。

 熊本区政の継承

 保坂区長の「区議会招集あいさつ」や「区政運営方針」では、「区の財政は依然として厳しい状況が続いている」として、「行政経営の効率化」「事業手法の見直し」「制度的な見直し」を進める事で区民の理解を得る、と表明しています。

 そして、熊本区政が定めた「行政経営改革計画」「実施計画」を継承すると明言しましたので、大型開発・道路優先の区政の継続と、子ども医療費無料化の削減や高齢者福祉の削減などが進められるのではないかと心配になります。

熊本区政の転換を求めた区民の力

 保坂区政の誕生は、「自民・民主分裂の間隙をついた」という現象面はありますが、区政の転換を求めた区民の力によって誕生した区政であることは間違いありません。

 「熊本区政の継続」では区民の期待に応えられません。中小業者・区民の願いを区政に届ける活動が、ますます大事になってきました。

Home > ニュース > 世田谷区政の今後に注目

ページの先頭に戻る