Get the Flash Player to see the slideshow.

Home

入会者は、4人続いて創業の相談

8月末から9月末にかけて4人の入会者を迎えました。
特徴的なのは、いずれも開業を目指す人、開店したばかりの人だということです。
9月の入会者3人は、飲食店の開業です。

経済危機の継続の中、独立して創業するのも決して楽なことではありません。
しかし、どこかに勤めていて展望が開けるわけでもありません。

世田谷民商では、創業融資、日常の会計処理、法人の各種手続きなど、様々な相談が同時にできます。
相談に来られた方が、「何をどう準備したらよいのかも分からなかった。民商に出会ってほっとした」と語っているのが印象的です。

共済会ボウリング大会

共済会は、第13回ボウリング大会を開き、14人が参加しました。
健康作りの活動として毎年、恒例の行事になっています。
「ナイスストライク」の歓声とともに、「こんなはずじゃ・・・」の嘆きの声も。
点数はあまり気にせず、なごやかな雰囲気で行われました。

優勝は今年も小林さんでした。

毎年恒例のボウリング大会は13回目になりました

毎年恒例のボウリング大会は13回目になりました

世田谷区「ゼロ金利融資」が拡充

「ゼロ金利融資」が10月1日から拡充され、中小業者が利用しやすくなりました。

10月1日から新制度
景気対策経営改善資金特別融資

限度額500万円→1000万円
返済期間5年→7年
据置期間6カ月→1年

区内の3つの民商が協力して署名に取り組み、8月6日には産業政策部に「ゼロ金利融資の存続と拡充」を要請してきました。
今回の新制度は、限度額が500万円から1000万円になり、返済期間が5年から7年、据置期間が6カ月から12ヶ月になるなど、全体として、民商や中小業者の要望に沿ったものになりました。
ただし、信用保証料の2分の1補助がなくなりました。

世田谷民商は多くの会員・中小業者の融資相談に乗る中で、ゼロ金利融資の実現の実績を積み重ねてきました。
世田谷民商の道理ある活動が実りました。

9月12日(日)婦人部さかな料理教室に24人

さんまの炊き込みご飯などおいしくできました。

さんまの炊き込みご飯などおいしくできました。

婦人部は、恒例になった「さかな料理教室」9月12日(日)、弦巻区民センターで開きました。小島さん、池上さんの2人の講師の説明を受けて調理。男性の会員を含め、24人が参加する盛況でした。

講師の一人は、成城の小島水産・小島忠夫さん。「先週まで1尾500円もしたのが、昨日から200円になった」「サンマは顔にしわがないのが良い」と選び方を説明。三枚に下ろす実演では、きれいに骨をはずすコツが伝授されました。

商工新聞連載中の池上正子先生
講師は、4年連続して池上正子さん。商工新聞の連載やテレビ出演で活躍の場を広げています。
食品の冷凍法についての本も出版してこの日の、もやしとキュウリの海苔和えも冷凍して調理します。プチトマトを冷凍したデザートは大好評でした。
会員訪問を終えた民商役員も合流して24人が参加した試食会で交流しました。

2010年9月12日さかな料理教室

2010年9月12日さかな料理教室

メニュー

  • 新秋刀魚のサラダ
  • 黒胡椒風味焼き
  • 秋刀魚の炊き込みごはん
  • モヤシとキュウリの海苔和えプチトマトの冷たいデザート
27 / 28« 先頭...1020...2425262728

Home

ページの先頭に戻る