Get the Flash Player to see the slideshow.

Home

常任理事会

8日に今年初めての常任理事会を行ない12人が参加しました。

 

最初に先月の総選挙の結果について意見交換。「マスコミが選挙直後からどこの政党が有利かを報道していた影響があった。」「アベノミクスが景気をよくするとか言われているけど、なんといっても我々庶民のふところがあったかくならないと。」

 

春の運動の取り組みについても議論し、申し合わせた内容は以下の項目です。

一   消費税増税の反対署名を1会員あたり10名の目標に取り組む

一   商工新聞読者と会員拡大について、会員による紹介を重視

一   東商連作成宣伝ビラを2月上旬までに各戸配布

一   支部役員会・班会や料理飲食関係を始めとした各部会活動を活発に進める

一   国税通則法改悪の内容、それに対する対応について、勉強会を計画し、相談活動の充実を計る

3月13日の重税反対統一行動に向け確定申告を成功させること

「商工新聞」私は愛読しています

Aさん

世田谷民商の料理教室などでお馴染みの池上正子さんが連載している「とっておきレシピ」わが家の料理には欠かせない記事です。おかげで美味しく酒を飲んでいます。

 

Bさん

売上に転嫁できない消費税。赤字でも納めればいけない消費税について、ここのところの記事を見て頭に来ています。

輸出大企業20社が輸出先からもらえないとかいう理由で1兆円を超える還付金を国から受け取っていて、消費税が上がれば上がるほど還付金が増えるとのこと。財界が消費税増税を要求する理由がよくわかりました。

 

Cさん

各地で行われている夜のオリエンテーションの記事が載っていますが、民商が料飲店の営業を守り、町を活性化させていることがよくわかります。

世田谷民商も頑張って欲しい。

 

Dさん

融資の実施、滞納税金の差し押さえに対する取り組み、税務調査への対応などで成果を上げた記事など民商ってすごいなと思っています。

 

Eさん

眠り上手で快適ライフを愛読しています。相談コーナー(法律)(医療)も随分参考になることがあります。

新春宣伝行動

松陰神社前商店街

7日、松陰神社商店街にて、新春宣伝行動を4人で行ない、お店を一軒一軒訪問しビラや宣伝紙を渡しながら対話しました。造花屋さんでは、「宣伝が下手なのか全然売れない。昔は通りすがりに見て買ってくれていたけど、今の若い人は携帯見て歩くから見向きもしてくれない。常連客は年とっちゃって届けるしかない。お客を紹介してよ、民商さん。」と言われ、改めて厳しい商売状況が浮き彫りに。肉屋さんでは「申告は長年の知り合いの税理士がいて民商には頼めない。毎月の顧問料は高くて苦しいのですが。何とか時間を作って記帳を覚えたいと思っている。」と話してくれました。この宣伝行動を通じて、魚屋さんが商工新聞の読者になりました。

3支部忘年会 ~一年を振り返って~

忘年会民商東部

12月の班会は東部・中部・西部それぞれで忘年会として行なわれました。

西部の忘年会は「桂」(伊藤さんの店)で刺身や鍋などの魚介類をたっぷり使ったメニューが出され、心も体もあったまりました。

中部では「カフェトレジャー」(荻野さんの店)で、ピザやパスタなどのイタリアンなものから鍋も出され、数種類のビール飲み放題もあり、マスターも途中参加して楽しく過ごしました。

東部では、「フィスエフィーユ」(梅沢さんの店)でフランス料理を堪能。和気あいあいのひとときが流れました。

平成25年1月13日には、新春のつどいを三軒茶屋しゃれなあどにて行ないます。忘年会に来られなかった方も是非ご参加下さい!

Home

ページの先頭に戻る