Get the Flash Player to see the slideshow.

Home

民商活動をみんなで進めよう!

 

世田谷民商事務所

世田谷民商事務所

 

11月5日 第4回常任理事会が開かれ、今までの取り組みの成果を確認すると共に、今後の取り組みについて役員と事務局が更に一体となって行動することを申し合わせました。

■一つ目は、いよいよ確定申告時期に向けた体制作りについて現在9回に亘って開かれた(毎月 日曜日2回10名近くが参加)簿記入門講座を評価すると共に、今後引き続き申告書記帳・パソコン会計相談に応じられる体制作りを進めることになりました。
そのためにも班会議を通じての記帳交流(喜多見班会が先進的な例)やパソコン会計の学習会も計画することになりました。

■二つ目は、料飲部会がスタートし、昼間の時間帯を利用しての交流、お互いの店の発展を展望した計画が検討され始めていることです。

■三つ目は、相談活動が充実して行われてきたことです。
10月だけで18件もあり深刻な相談も多く玉川民商の応援も得ながら役員と事務局で丁寧に対応してきました。
会員拡大に結び付いた相談もありました。
今後とも弁護士相談、税理士相談も含めて引き続き相談活動に力を入れることにしています。

■四つ目は、拡大の問題です。営業不振から退会せざるを得なかった人がこのところ続いていましたが、10月は3名の入会者、11月早々には1名の入会見通しの(相談の中で)人も出ています。商工新聞の拡大もありました。
11月はなんとしても会員の紹介も含めて、世田谷民商独自ビラも作成し宣伝行動に大きく取り組み展望を作ることを確認し合いました。

■五つ目に、特質すべきことは編集部会(新聞・ホームページ)、料飲部会、確定申告部会、役員の一人から提案された部会(民商建物を明るくし、出入りしやすい場所にするための部会)、共済会・レクリエーション(行事)の部会を正式に発足させ、全役員がそれぞれの部会に分担して参加することを決めたことです。
役員でない人たちにも参加の呼びかけをすることになりました。

世田谷民商を大きく変えていこうという気持ちのあふれた常任理事会となりました。

新入会者/会員訪問

世田谷民商共済会

 10月3人目の入会者を迎えました。西部支部小島支部長からの紹介です。

成城学園前駅隣のビル2階で中華店をされています。

毎日のように支部長のお店に魚を買いに来てくれるお客様です。支部長と小畑会長で訪問し、民商の話をしたところ、快く入会してくれました。共済も同時に加入となりました。

西部支部では21日、役員2人で会員訪問に取り組みました。消費税増税反対署名と募金のお願いと大腸がん検診申し込みのすすめです。大腸がん検診の申し込みはありませんでしたが、署名と募金には民商も大変でしょうとたくさんの募金をいただきました。本当に有難うございました。

他の会員さんは何も手伝いが出来ないから3人の方に民商に人をすすめて見るからチラシを下さいと云ってくれましたので大いに期待しています。11月に入ってまた会員訪問をやる予定をしています。

健康で商売を

11月11日(日)、午前9時から11時半まで、農大通り診療所にて世田谷3民商共済会合同の集団健診が行なわれます。

業者は体が資本であり、元気に商売・仕事に励むためにも、毎年の健康診断を受ける事は欠かせません。11日では都合が悪い方も17日までやりますのでお気軽に申込み下さい。

また、大腸ガン健診の申込みも受け付けています。共済会に入っていれば無料で受けられます。簡単にできますので、是非。

先週の民商運動ニュースに、それぞれのご案内を挟みました。受診希望の方は、電話かファックスで申込み下さい。

今月の班会

[東部合同班会]

元会長で現在相談役を務めている榊照永さんが埼玉に引っ越す事になり、会費集金と新聞配達を手伝っていた奥様が「お世話になり、ありがとうございました。」と挨拶に見えて、そのお別れ会を兼ねた班会となりました。

話題は消費税の話から、朝のドラマや尖閣問題に至るまで多岐にわたり、お酒も入ってなごやかに語り合いました。

今後は商工新聞の記事を話題にしていける班会にしようと提案され、次回は確定申告の準備を中心にやることになりました。

 

[西部・砧成城班会]

西部の会員の様子を交流しながら、集団健診・大腸ガン健診の受診と消費税増税ストップ署名の呼び掛けを兼ねた会員訪問をやろうと確認し合いました。

Home

ページの先頭に戻る